Jun. 05,2013 Wed    またあした
 
 このことばを口にしなくなって途方もない歳月が過ぎ去った。記憶をたぐり寄せても最後にいったのはいつだったか思い出せない。毎日いっていたのは子どものころで、またあしたになると必ず会えた。家族以外の人間関係の原点はそこから始まり、大学時代までつづいた。
あしたが来ると何かがよい方向に向かうと信じた心に隙間の見えはじめたのはいつごろからだろう。挫折をくり返しても人間を、なによりも自分を信じる心にいささかの乱れもなく、崩れも折れもしなかったが、経験の上積みと精神力アップに比例するかのごとく病魔も上積みされ、おまけに加齢が行動の邪魔をする。
 
 もともと自分は徒党を組んだり、他者と肝胆相照らして行動するタイプではなく、孤高となじみを重ね、人から離れて行動するタイプ。そして相手がだれであろうと、賛意をもとめられても得心がいかなければイエスといわない。が、そうはいっても愚かなるかな、心のどこかでこれはと思う人からは理解されたいと思っている。
 
 海外旅行はできるだけ同胞と会わずにすむ個人旅行にしてきたし、ツアー客がほとんど行かない場所を選んできた。特にチャイニーズのマナーは極悪で、やかましさ、傍若無人ぶりは大迷惑ゆえ、99.99%中国人を見ずにすむ地を厳選した。宿も英国ならカントリーサイドのB&Bかプチホテル、またはマナーハウス、カントリーハウス。
旅の途上で同胞に遭遇したときは、ハイキングですれちがったハイカーに挨拶するようにまず自分からすすんで「こんにちは」という。他者と接するのを避けたいくせに礼儀を失するのも避けたいのである。
 
 大学時代の仲間のなかに元祖癒やし系とよべる人間がいた。かれは古美術研究会庭園班にいて、班内のほとんどすべてと他班の多くからそういう定評を得ていた。庭園班には後に癒やし系となる友がいたが、当時はまだ他者を、とりわけ意中の女性を癒やすほどには至っておらず、ある意味さまよっていたと思う。と記すと、なに、さまよっていたのは全員でしょうと陳腐な話になってしまう。畢竟、元庭園班(わずかな人数)に癒やし系が二人もいて有り難い。
 
 自分の伴侶や子、孫に「またあした」とはいわないだろうし、仕事仲間やご近所に対してもそういわないはずである。いってもヘンな顔されるだけだろうから。そしてまた、心のなかで彼らに「またあした」と唱えることもないだろう。「またあした」といえる相手(口でいわず心のなかでいったとしても)は特別であり、家族どうよう生死の別なくいつまでも記憶に残る人なのである。
 
 先日、友からのメールに「写真に写る老けた我が身の姿がおぞましい」と書き記されていた。会っているとまったくそうは思わないのだが、いわれてみると4、5年前の写真に較べると若干老けたようにも感じる。2012年5月2日の「裏切りのサーカス」に添付した写真の老けように愕然としたから友のいわんとすることはわかる。50代までの自分とは大違い、すっかり老人になっちまったとがっかり。写真の顔は鏡にうつる顔とは別人で、姿も老人といっていいような体躯なのだ。友が我が身の姿をおぞましいと思ったのは一瞬かもしれない。当方は波のまにまに浮かび、老いを受け入れながら拒んでいる。
 
 このところ体調が定まらず、毎月体調不良の日が何日かあって、そのたびに思うのは、あした目が覚めるだろうか、である。「またあした」といえた日々をなつかしんでもしかたないとして、いつか、あしたでもいい、会える日を楽しみに眠りにつきたい。修学院離宮に当たったら、一泊可能であったなら、当麻寺は京都から車で1時間半の距離(約70キロ)だから、当麻寺へ行きましょう。当たらなかったら合宿の翌朝にでも。

前頁 目次 次頁