Feb. 10,2012 Fri    御宿かわせみ
 
 前々から泊まってみたいと考えていた宿である。宿の前にはきれいな小川が流れ、部屋からせせらぎの音がかすかにきこえる。洋館であれば瀟洒というべきかもしれないが、純和風ということで、古風といったほうが的確な旅籠なのである。若くはないが若い女将の名は「るい」、ほかに嘉助というしっかり者の番頭、女中頭のお吉が女将を支えている。
かわせみに出入りするのは神林東吾、東吾の親友・畝源三郎、岡っ引きの長助など。出入りはしていないが東吾の兄で吟味方与力の神林通之進。東吾とるいは幼なじみである。
 
 御宿を紹介するだけで十分なはずであるが、かわせみの関係者がことのほか印象深く、るいの美しさに匹敵するほど情に篤いからで、というと「るい」は情に篤くないのいかというと、いかさま情にも篤く、頭の回転もはやい。しかし控えめででしゃばらない。毎回、口癖のごとく東吾に言うのが「ばかばっかし」ということば。ただしそのつど一回しか言わない。
 
 るい役はかつて真野響子、沢口靖子などが演じてきた。演じてはきたが、それは演じてきただけで、御宿かわせみに泊まってみたいと思ったことはなかった。真野の女将はしっとり感が不足していたし、沢口は風格が足りなかった。着物も似合うものと似合わないものとがはっきりしていた。
衣装係に審美眼や選択眼がなかったとか着付けがよくなかったというより、女優二人の役のハラと所作が未熟であった。着物は着付けも大事だが、それ以上に時代のハラと性根、所作によって名演かそうでないかが決まる。演者は役(作中人物)が置かれている状況、境遇を把握し、自然体で演じねばならない。それにしても高島礼子の「るい」は時代のハラを持ち、難しい色柄の着物、帯を見事に着こなしていた。
 
 東吾役の中村橋之助と通之進役の草刈正雄は「真田太平記」(1985−86)で共演している。草刈正雄は真田幸村をやった。こんにちの時代劇役者草刈正雄をつくったのは「真田太平記」であるといっても過言ではない。丹波哲郎が真田昌幸、渡瀬恒彦が幸村の兄真田信之をやった。
真田太平記には遙くららと范文雀も忍びの者(草)として出ており、女優二人の役柄は蔭に咲く花であり、表舞台に登場しない身であっても、花のこころをうまく表現していた。色は隠そうとするから出る。当時、遥くらら30歳、范文雀37歳、私生活、ドラマの世界ともにストイックといって差し支えなかったろう。そういう女優が少なくなった。
 
 俳優、役者に当たり役というもののあることわれわれと同じ。だが当たり役を持たない寂しい人生もある。真田太平記の10年後、「とおりゃんせ」というドラマがあった。木戸番小屋に住む夫婦を神田正輝、池上季実子が、夫婦の年上の友を大木実が好演した。大木実の場合は江戸からNHKのスタジオに抜け出てきたのであろう。
「とおりゃんせ」の木戸番はダイコンというほかなかった神田正輝唯一の当たり役である。必要なときをのぞいて固く口を閉ざしているのだが、役のハラをしっかりつかまえていた。目はクチほどにモノをいい、古の罪は長い影を落とすのだ。
 
 人情時代劇とあえて呼称する時代劇の一ジャンルはその後「柳橋慕情」をへて「御宿かわせみ」へとつながってゆく。
御宿かわせみは第一章(2003年4月ー5月)、第二章(2004年4月ー7月)、第三章(2005年5月ー8月)とあるが、第三章が図抜けていい。長助役・蛍雪次朗のせりふ回しと間、岡っ引きはさもありなんと感じさせる動と静のたたずまいはこの役者ならでは。源三郎は沢村一樹より宍戸開(第一章&第二章)のほうが合っていた。脚本に工夫があり、演者にも工夫がある。放送時間42分に凝縮された人情劇。
 
 第三章最終回「祝言」(2005年8月5日放送)の草刈正雄は秀逸。役柄は異なるが、仁左衛門の松王丸(寺子屋)、知盛(大物浦)に勝るとも劣らない。神林通之進は草刈正雄の当たり役である。
るいを演って無類の高島礼子は「義経」(2005年)で常磐を演った稲森いずみ同様、すがた、かたち、せりふがととのっているだけでなく、うまい役者にふさわしい思い入れ、気合いにあふれ、しかも驚いたことに高島礼子の面(おもて)には憂いだけでなく泥眼が宿っている。るいは高島礼子生涯の当たり役なのだ。特に第三章「秋色佃島」、「春の寺」では思いの丈を表情のみであらわし、みる者に深い感銘をもたらす。
 
 御宿かわせみに前々から泊まってみたかったのは登場人物の秀逸さもさることながら、人間が身を隠すことのできる東京より、隠すことのできない、あるいは、その必要のない江戸への憧憬があるからなのかもしれない。

前頁 目次 次頁