Dec. 18,2015 Fri    黄金のアデーレ

 
 結局、2015年に上映された映画のなかでこれはと思うものは「黄金のアデーレ」と「女神は二度微笑む」だけだった。4月にみた「ギリシャに消えた嘘」はロケーションもよく、演技に長けた男優ふたりを配しながら詰めが甘かった。6月にみた「画家モリゾ マネの描いた美女」はマネを登場させても淡々として盛り上がりに欠けた。6月の「ターナー 光りに愛を求めて」は映画にターナー作品への愛情が不足しているように感じて期待はずれ。
 
 10月にみた「ヴェルサイユの宮廷庭師」は女性庭師が偶然ルイ14世と出会う四阿ふうの場での対話が出色だったけれど、ほかにこれといってみるべきものがなかった。11月にみた娯楽作品「ミケランジェロ・プロジェクト」は「ミケランジェロの暗号」(2011 オーストリア)と較べてしまうせいか見劣りした。脚本もよくない。近年つまらない作品に出ているケイト・ブランシェットのみがかろうじて光っていた。
 
 映画も舞台もそうであるが、評にかかるものとかからないものとがあって、評にかからないものは論外として、いまさらいうまでもないが、品評すべきものだけを品評している。法外な出演料をもらっている俳優は対価にふさわしい芸容を示すべきで、それができないようならオファーを断るべきだ。自宅のテレビで漫然とみるのではない、わざわざ映画館へ出向いて、入場料を払ってみるのだ。
 
 演じる役がどういう人間か、自分にやれるかどうか、台本を読んでもピンとこない日本の俳優じゃあるまいし、そんなことはちょっと考えればわかることだ。日本の俳優は「お断りしようと思いましたが、挑戦してよかったです」というレベルが多い。連続ドラマに出て演じているうちにダイコンを脱皮するということは十年に一度あるかもしれない。
 
 ダイコンの代表的男優は高橋英樹、唐沢寿明、笑福亭鶴瓶、女優は吉永小百合、浅野ゆう子など、泣きたくなるほどの大ダイコンに賀来千香子がいて、数えあげればキリがない。
ダイコンはどんな役をやってもかわりばえせず一本調子。笑福亭鶴瓶にいたっては落語家でさえなく大阪のおばちゃん。演技の基本も知らぬ俳優を主役級にあてがうのもどうかしているが、それがこの業界のありようなのだろう。
 
 演技のキホンは実践で修得すべきだが、いくら回数をかさねても、修得できない人には修得できない。ドラマ、映画のなかで自分らしさを表現できるチャンスをなぜ生かさないのか。想像力をどこかに置き忘れたのか。人生の喜悦、迷い、悲嘆を経験したことはあるだろう。
演技はどう対処するかより自分とどう向き合うかだ。いかに対処するかは重要だけれど、ある日あるときどう自分と向き合ったかを忘れるなかれ。自らと向き合うことによって人間は形づくられる。それが演技の基本である。
 
 ナチスドイツが略奪、もしくは略奪しかけた絵画をあつかう映画で近年すぐれていたのは前述の「ミケランジェロの暗号」。うまい脇役がそろうと見応えがあっておもしろい。戦時中にもかかわらず戦争も描かず死者も出さず、それでも名作はできるという見本のような作品。スイスの名女優マルト・ケラーはいまも十分魅力的。
「ミケランジェロの暗号」の主役モーリッツ・ブライプトロイは「黄金のアデーレ」の冒頭部にクリムト役で出ているが横顔だけ数秒、せりふなし。編集でカットされたのだろうが、編集責任者は何を考えているのか。名演をみそこなった。
 
 「黄金のアデーレ」には別の楽しみ方もある。出演者の妙というもので、「ダウントン・アビー」の伯爵夫人コーラ役エリザベス・マクガヴァンが、弱者の肩を持つのは当然といった顔の女性判事をきびきび演じて新鮮。「刑事フォイル」でフォイルの部下ポール役をやっているアンソニー・ハウエルも出ていた、うっかりすると見逃しそうな短いシーンに。
両者ともそれぞれテレビドラマとは役柄も異なる。そこのところをどう演じているかがみもの。エリザベス・マクガヴァンは伯爵夫人役よりうまかった。
 
 黄金のアデーレは正式には「アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像1」という絵画で、1907年、クリムト45歳の作品。アデーレはヘレン・ミレンがやる役の伯母にあたる。第二次大戦後、長きにわたりオーストリア政府が所有していた絵画の本来の所有権をめぐって行きつ戻りつ、さまざまな人々がからみあう。
ヘレン・ミレンはおちゃめでまっすぐな役を好演。ほかに弁護士役でようやく本領を発揮したライアン・レイノルズ、名脇役ダニエル・ブリュール、ジョナサン・プライス(ユーモアのある最高裁判事役)などが顔をそろえた。原題は「WOMAN IN GOLD」。1年を締めくくるにふさわしい映画である。
 
 
 映画の話となんの関係もないが、12月18日、橋下徹大阪市長が退任した。都構想を進め実現する人がいないと、大阪だけでなく周辺都市の景気は浮揚しない。以前に記したことでも繰り返す。阪神大震災後、当たらないメディアの予想に反して神戸、西宮などが早く回復再起できたのは大阪が元気だったからである。
 
 團菊じじいふうにいえば、彼は千両役者である。正月をもたらす人だ。千両役者は千両稼いで万両使う人のことで、残りの九千両は吉原、札差、魚河岸が払った。現在は市民が払う。風が吹けば桶屋はもうかる。桶屋は市民だ。そのための選挙である。橋下徹を市長に選んだのは、政治家に求められる構築力、発信力、突破力を府知事時代に顕示したからだ。
 
 安倍首相にあって橋下徹にないものは調整力だ。三つの力に加えて調整力を身につければ鬼に金棒である。だが突破力と調整力を両立するのは至難の業、だれもが安倍晋三というわけにはいかない。が、安倍首相と橋下徹の発信力・突破力を較べれば、橋下徹のほうが部分的にまさっていると感じることもある。
 
 橋下徹の言動で迷惑したという人は迷惑のなんたるやを知らないか、心得違いをしている。ほんとうに迷惑して憎々しげな気持ちでいるのは、おおさか維新のせいで落選した議員である。おおさか維新のなかには未熟で経験不足の議員が多い。スキャンダルとか稚拙とかが巷に流布せぬよう姿勢を正してもらいたい。
 
 橋下徹が慰安婦問題の本質をついて女性差別なら、女性差別はそこいらじゅうにいる。朝日新聞が慰安婦に関して事実と異なる報道をくりかえしたことによって誤った国際世論を根づかせた。報道の影響力という観点から鑑みて朝日新聞の責任は追及されてしかるべきである。
それはともかく、実現可能なことを実現させようと大なたをふるうのが政治家だ。二重行政による税金のムダ遣いを是正するのは当然で、経済界なら価格破壊を実行して問題になることはない。福祉をエサに票集めといった古手がいつまで通用すると思っているのか、旧態依然とした大阪自民党は脱皮できない昆虫である。
 
 政治家にはもどらないと口走って政治家にもどるというウソなら何度でも結構、政権担当能力もないのにあるかのごとくふるまい、たわごと・よまよいごとの山を築いた某民主党などは橋下徹のツメのあかでも煎じて飲んでもらいたい。憲法改正についても、挑戦もせず挑戦するふりだけの民主党に存在価値はあるのだろうか。
橋下徹のおこなったこと、おこなおうとしたことで賛成できなかったのは、国立文楽劇場への補助金を減らしたことと、伊丹空港を関空に一元化しようとしたことだけである。
 
 もう一人の千両役者小泉純一郎は郵政民営化に反対する者はすべて敵だと断じた。賛否はともかく、それが政治の領分というものだろう。議論も改革もそこから始まらずしてどこから始まるのか。市井の民に実現不可能なことを実現するのが政治家の本分。橋下徹は本分を全うすべく身を粉にして府市政に風をおこした。 
 
 風をおこす人間はふたたび風をおこすようさだめられているはずだ。それがいつか、来年の天気をみるしかない。次にあらわれるとすれば調整力を身につけた時点ということになるのかもしれない。

前頁 目次 次頁