2016年4月6日15:00前〜16:00過ぎ 京都府八幡市 背割堤地区(淀川河川公園) 2013年3月29日以来の背割堤の桜
 
木津川 宇治川 桂川の流れが合流して淀川となる背割堤1.4キロの石畳両側に249本のソメイヨシノが植えられています
3年前は6分咲 ことしは散り初め メディア報道では4月2日(土)が満開 しかし足の踏み場もない混雑ぶりだったそうです
 
土日は特別のことでもないかぎり観光地には行かないので 満開前や散り初めの桜ということもありますが 人の少なさが最優先
ところがこの日は平日にもかかわらずかなりの人出 それでも短い道にちいさなドラマがありました

木津川
木津川
木津川と御幸橋
木津川と御幸橋
木津川に架かるのは御幸橋(ごこうばし)
 
 
宇治川
宇治川
このあたりは宇治川の河口から37キロ地点。
 
 
宇治川
宇治川
宇治川
宇治川
宇治川
宇治川
近年、ウェディングドレス姿の新婦とそれなりの衣装を着た新郎が自然を背景に写真を撮るというシーンを目にします。
日本人の場合もありますが、チャイニーズや韓国人も増えていて、この日はチャイニーズ。
衣装に較べてモデル(新婦も新郎も)はたいしたことがなかったので正面からの撮影は回避しました。
 
チャイニーズのマナーの悪さは地域差があり、大阪城公園では桜の枝を折って記念撮影する中国人旅行客が横行、
都市部のそこかしこでトラブルを起こしています。傍若無人、悪しき集団心理の闊歩は都市部に集中。
 
郊外に繰り出すチャイニーズの数は増えていますが、いまのところ絶対数が少ないのと、来ても一個団体という規模でなく
1カップルとか1家族という単位なのでマナーはどうにか守られています。そのうちマナー破りが出てくるかもしれませんが。
 
 
3年前、地元の人らしきご老人ふたりがつぶやいていました。
「ついこのあいだまで人もおれへなんだのに近頃はえらい人出で、うかうか犬の散歩もままなりまへん。
朝の7時ごろやったら空いてるのに、こっちはまだ寝てまっしゃろ。うまいこといきまへんなぁ」。
 
 
3年前の3月29日、腰かけている人は皆無でした(下のバナー「背割堤桜2013」を参照してください)。
でも、これはこれである意味絵になっているのかもしれません。
 
 
宇治川
宇治川
半月形の石のベンチ。画像左側は人が座っているので右端を撮影。半月の石のベンチは1.4キロの道に2個。
 
 
 
宇治川
宇治川
宇治川
宇治川